TOP世界遺産世界の紙幣世界のゲストハウス旅の持ち物食べ物いろいろ旅の場所ベスト10コラム国紹介リンク
2004年1月15日〜2月22日
From Nagoya




1.序章 「遥かなるインド」

2.喧騒の街「ダッカ」と「ロケットスティーマー」
3.世界遺産「シュンドルボン」と「バゲルハット」
4.世界遺産「バハルプール」、そしてインドへ
5.憧れのインドと美しきダージリン
6.インドバスと聖地ブッタガヤ
7.聖地「バラナシ」
8.エロティック遺跡とムガール帝国の遺跡都市オルチャ
9.タージマハルと最後の街「デリー」






6.インドバスと聖地ブッタガヤ

写真写りはそこそこだな・・・
シリグリからパトナーまでのバス

ついにインドの本領発揮と言った感じだった。
ダージリンからシリグリまで山を下り、そこから直線距離にして約400Km離れた「パトナー」まで夜行バスで移動したのだが、これが酷かった。たまたま居合わせた韓国人旅行者と一緒になり一人での夜行は避けられたので多少は良かったのだが、この移動はインド恐るべしと思わざるを得ないものだった。



18時、1時間遅れてパトナー行きのバス(190Rp=約380円)がやって来た。ここからが地獄だった。

まず夜行だったがもちろんリクライニングシートなどはなく、ほとんどただのイス。そして何よりも道の悪さ。常に震度7程度の揺れがバスを襲う。右に左に上に下に。地震を体感できる車があると思うのだが、まさにあれだ。まともに座っていられない。常にどこか支えなければならないし、揺れで体中あちこち打つ。隣に座った韓国人はこの状態の中でウトウトできる素晴らしい奴だったのだが、奴の頭が左肩にあたり、それが上下の揺れで頭突きのように左肩を攻撃する。左肩が痛かったので、揺れに任せて何度奴の頭を殴り返したか分からない。

まだある。深夜1時過ぎまで大音量でインド映画を流された。2本立て。しかもインド映画は1本約3時間位あるので計6時間以上。最後は誰も見ていなかったような気がする。
まだまだある。寒い冬の北インドの夜は、相当冷え込む。バスがボロいので窓がしっかり閉まらず、夜風がビュービュー入ってくる。しっかり閉めても気付くとまた開いてしまうのだ。最終的には韓国人と共に寝袋を取り出して頭からかぶっていた。
そんな訳で、尻は痛い、首はムチ打ち、大音量、頭突きを何度も食らった上に、寒く身動きも取れなかった。朝、明るくなって気付いたのだが、全身埃まみれにもなっていた。パトナーまで17時間。ほとんど眠れなかった。 


 


パトナーで1泊し、翌日はブッタが悟りを開いた仏教の聖地「ブッタガヤー」へ向かった。汚い話で申し訳ないのだが、今回の旅ではよく人の排泄風景を目にする。特にこの日は朝7時のバスに乗ったのだが、街の至る所でみんな「朝のおつとめ」をしている。インドは本当にゴミの多い国なのだが、そのゴミの上でする。5時間の移動中一体何人の「おつとめ」を見たことやら。大やら小やらもう様々。。


ブッタが悟りを開いた菩提樹 マハーボディー寺院
ブッタガヤーの菩提樹 仏塔は修復中・・・

話を戻して「ブッタガヤー」。昼過ぎに到着。ここはブッタがその悟りを開いた場所として世界各国の仏教徒が集まる。仏教4大聖地の1つだ。

街には英語、日本語に混じりタイ語の表記も見られる。タイからの訪問者が多い証拠だ。実際タイ人の団体にもあった。朝から夕方まで一心不乱に祈っていた。ああいうのは少し近寄り難い雰囲気がある。

マハーボディー寺院とはブッタが悟りを開いた菩提樹の場所に建立されたお寺である。その境内には今も菩提樹がある。本当かどうかは分からないが、見ているとやはり他の樹とは違って気品があるように感じる。


ここのお寺はなかなかいいかもしれない。午前中と午後と2度訪れたのだが、さすが仏教の聖地中の聖地。静かな田舎の街だが、ここだけは壮厳な空気が流れている。しかしながら誰でも自由に入ることができ、くつろぐ事もできる。境内には様々の国の僧がそれぞれのスタイルで祈りを捧げている。チベット僧も多く見た。

五体投地をするチベット僧
五体投地をするチベット僧

夕方、ブッタが悟りを開いたその菩提樹が夕日に照らされオレンジ色に染まるのをぼんやりと眺めた。よく見ると木の枝を小さなリスが走り回り、いろんな色をした小鳥が菩提樹を飛び交う。周りからはあちらこちらで座している僧の祈りの言葉が耳に入ってくる。大きな菩提樹の幹はかすかに白色をしており、神々しくも見える。夕風も涼しくとても居心地がいい。周りの僧達には悪いが、これでコーヒーでもあれば最高である。何も考えずぼんやりするには最高の場所だ。

余談になるがここブッタガヤーでなんちゃってお好み焼きを食べた。これが結構美味く、ちゃんとお好み焼きだった。たまたま宿の前にあったレストラン(というより藁葺きの小屋)のメニューにあったため、よく食べた。なんでもインド人のマスターは日本に行ったことがあるらしい。  

次の目的地はヒンドゥー教の聖地「バラナシ」。楽しみにしている場所のひとつだ。薄暗い朝5時のバスに乗り込む。そして、ここで今回初めての日本人シェア、たくぞー君に会うこととなる。



データ
パトナー⇒ブッタガヤーのバス: パトナーのツーリストバンガローよりバスがある。午前7時発、12時頃ブッタガヤに到着。値段は50ルピー/1人。



7.聖地「バラナシ」へ

Homeにもどる