TOP世界遺産世界の紙幣世界のゲストハウス旅の持ち物食べ物いろいろ旅の場所ベスト10へなちょこコラム国紹介リンク

最終更新/2007年12月4日


タイ王国のページ


せっかくタイに住んでいるので、タイのページを作りました。
旅行や雑学等など、在住ならではの情報を更新して行きたいと思っています。ちなみにこのページの基調は黄色にしました。タイには曜日毎に色が定められており、月曜日は黄色の日です。そして、タイの王様がお生まれになったのが月曜日。黄色はタイにとってとても大切な色なんです。街の至る所に黄色があるはず。服とかいろいろ。一度注意して街を歩いて見てください。




私的泰国紹介 気候や文化、地域ごとの説明など、タイ全般の案内
旅日記的「おススメ旅」ルート タイ在住、そして元BKK大手旅行代理店勤務経験のある管理人によるタイ旅行モデルコース
ぶらぶらバンコク 少しですが、バンコクに住んだ記念にバンコク紹介を作ってみました。
タイのお土産 貰って嬉しい、役に立つ、そんなタイお土産を経験を元に紹介
北タイの観光名所 ガイドブックには載っていない(または情報が少ない)とっておきの北タイ観光情報
タイの雑学 タイに住んでみてふと思った、そんな雑学を紹介
 
旅行期間:1999年9月9〜12日
出発地点:チェンライ
紹介:カレン族(首長族)に会いに北タイの奥地メーホンソンへ。
旅行期間:2004年11月19〜20日
出発地点:バンコク
紹介:タイのクメール遺産「ピマーイ遺跡」への1泊2日の旅
メーホンソン ピマーイ遺跡
旅行期間:2004年12月22日
出発地点:バンコク
紹介:世界一のチェディがあるナコンパトムへの日帰り旅行
旅行期間:2004年
出発地点:バンコク
紹介:タイ有数の観光地アユタヤのアクセスや紹介など
ナコンパトム アユタヤ
旅行期間:2006年7月8〜11日
出発地点:パヤオ(北部タイ)
紹介:イサーン訪問を小説風に仕上げた旅行記。世界遺産「バンチアン」やノンカーイなどを訪問
旅行期間:2006年12月29〜31日
出発地点:パヤオ(北部タイ)
紹介:チェンマイとメーホンソンの間にある不思議な町「パーイ」への旅
小説イサーン記 パーイ
旅行期間:2007年5月26〜29日
出発地点:バンコク
紹介:バンコクからのお手軽ビーチ「サメット島」。お手軽だけど、ビーチは本格派
旅行期間:2007年12月1〜2日
出発地点:パヤオ(北部タイ)
紹介:第二のプーチーファー「パータン」。もちろん雲海は素晴らしい。まだマイナーな観光地の為素朴なタイがそこにある
サメット島 パータン
タイのお札
タイのゲストハウス
タイの世界遺産
タイの食べ物
チェンマイ国際園芸博覧会
タイの壁紙
  


私的泰国紹介

南国タイにありながら標高が高い為、冬場になると結構気温が下がる。特にトレッキングなどをする場合は服装には注意を。
主要都市はチェンマイで、その周辺には首長族などを含め、たくさんの少数民族が暮らす。国境を越えればラオスにも行ける。

別名イサーンと呼ばれる東北部は貧しい地域とされているが、ソムタム(パパイヤサラダ)やガイヤーン(焼き鳥)などはイサーンの名物。
またクメール時代の遺跡が多く残っているのも特徴。ノンカーイからはラオスの首都ヴィエンチャンに渡れる。
   

世界遺産アユタヤを含め、自然豊かやカンチャナブリ、そしてパタヤ方面にはお手軽なビーチが並ぶ色とりどりのエリア。
そして首都バンコク。高層ビルが並ぶこの街は買い物などの中心地。そして喧騒と混沌の交わる街。

一番南国を味わう事ができるエリア。国際都市プーケットやサムイ島、タオ島など美しいビーチがたくさんある。
イスラム教徒が多く、そのまま隣国マレーシアに抜ける事ができる。



暑いです。でも、日本の夏に耐えられるようでしたら問題はないと思います。こちらはカラっとしていますので、木陰なんかに入ると結構涼しく感じられます。ただ北部タイの冬はかなり冷え込みますので、暖かい服も多少用意しましょう。 【言語】タイ語です。日本語とは発音、表記、構造などどれをとっても似ても似つかないものです。左の文字はタイ語で「タイ語」と書いてあります。英語はそれほどは通じないようです。もちろん外国人が多い場所では別ですが、一般の人には難しいようです。
仏教です。日本の大乗仏教とは違い上座部仏教。従ってどこのお寺に行っても同じような仏像が置かれています。また、毎朝街中に黄色い袈裟を着たお坊さんが結構歩いています。お坊さんは尊敬の対象ですし、男性は1生に一度は出家する人が多いようです。 辛いです。酸っぱいです。甘いです。
中間的な味の日本料理に比べれば、かなり刺激的なのは間違いありません。でも辛くない料理も結構ありますし、タイ人の中にも辛いものが苦手な人も多々います。また、果物もおいしいのも特徴です。
殺人や傷害事件などは少ないですが、バンコクではすりや詐欺といった軽犯罪は結構あります。有名な宝石詐欺やスーツ詐欺、トランプ博打など手段は古風ですが、騙される人が後tを絶ちません。残念ですが向こうから話しかけられたら、注意が必要です。 日本に比べれば安いでしょう。特に衣食住が安いので住み易い国だと思います。食事に関しては屋台で済ませれば20〜30B(約60〜100円)。服も安い物で
参考:コカコーラ13B(約39円/350ml缶)100B程(約300円)で買えます。
観光大国タイ。南のビーチリゾートからバンコクでの買い物、そして北部の山までいろいろ楽しめるのが特長です。いろいろな人が満足できる国なのではないでしょうか。バックパッカーの登竜門的国です。 バンコク市内の移動はタクシー、BTS(モノレール)、地下鉄、バス、トゥクトゥク、バイクタクシー等が主なものになります。トゥクトゥクはタイを代表する乗り物ですが、価格は交渉制です。地方に行くにはバスや列車が便利ですが、最近は飛行機も随分と身近になりました。