TOP世界遺産世界の紙幣世界のゲストハウス旅の持ち物食べ物いろいろ旅の場所ベスト10コラム国紹介リンク

2010年4月9日〜11日
From Nagoya


関西紀行

1.吉野山
2.大阪巡りと姫路城



2.大阪巡りと姫路城

一泊目は車中泊とした。
何よりも経費節減。日本の観光地の方には申し訳ないが、2〜3000円で泊まれる宿が日本には少なすぎる。しかも、値段が部屋単位ではなく、人数で計算されるのは非常に分かり辛い。銭湯などもたくさんある日本では、車中泊も結構行けるものである。

場所は吉野から一番近い道の駅「吉野路 大淀iセンター」。地元にお金を落とす意味で夕飯はそこで食べようと思っていたのだが、午後7時過ぎでは既に閉まっていた。仕方なくジュースだけでも購入。
しかし、最近は車中泊がブームなのか、結構車が多い。
特に中年の方が多いようだ。男女問わず、結構大きなバンに乗ってきて車を止め、車中泊の準備を始める。窓にその枠型に切り取ったボードを貼るところなどは、かなりのベテランなのだろうと思う。
昨日の早朝起き、そして今日の11時間に及ぶ吉野山散策(ほぼ登山)の為、午後9時前にはぐっすりと眠りに陥ってしまった。


翌朝は7時過ぎに起床。思った以上に熟睡できた。身支度をして8時前には今日の目的地である新大阪に向けて出発。
今日は昨日とは打って変わって見事な晴天。昨日に回して欲しかったぐらいだ。

慣れない道をナビなしで走る。当然地図を見ながら運転するのだが、何せ家にあった地図が1999年製の関西マップ。おおよその道は大丈夫なのだが、高速などの記載の欠落が結構激しい。結構ふらふらと迷いながら午前10時半ごろ、新大阪のホテルに到着。
(予約はYhaooトラベルでしました⇒大阪のホテルを探す
ここでタイにいた時の友達と、たくぞー君に会う。二人とも元気そうだ。今日明日の2日間は二人と共に行動する。


大阪周遊パス
大阪周遊パス(2,000円)

さて、新ためて大阪。
今回は二人の提案で「大阪周遊パス」なるものを買っておいてくれた。これは大阪の主要な地下鉄、バスが1日乗り放題になり、さらにその日に限って主な観光名所も無料で入れるという優れたものなのである。価格は2,000円だが、そんなものは半日程度で元は取れる。

まず向かったのは、大阪城。
まあ、お決まりの名所である。解説なんて要らないと思うので省くが、要は秀吉のお城。大きさ迫力ともに見応えのある城である。
今日は異常気象のように暑い。昨日は吉野の山で結構寒いぐらいだったが、今日は暑いぐらいだ。ちょうど桜が綺麗に咲いており、花見客も多い。
大きな堀を渡って入城。城の中へも周遊パスで入れる。中は日陰なので涼しい。天守閣からは大阪の町並みと、心地よい風が吹いている。大阪城は2度目だったので、ここらで次に向かう。


大阪城 桜も咲いていい気候 四天王寺
大阪城 桜も咲いていい気候 四天王寺


一旦ホテルに戻ってC/Iし、軽くシャワーを浴びて再び大阪観光へ出かける。
地下鉄を乗り継ぎ次に向かったのは、四天王寺。大阪でも有名なお寺だ今から1400年も前に聖徳太子が建立した由緒あるお寺で、中門、五重塔、金堂、講堂を並べた最も古い建築様式。日本仏法最初の大寺とのことだが、残念ながら到着した時には夕方4時を過ぎており、中には入ることができなかった。周りから建物を見て、ひとまず満足。
この時間でも多くの外国人観光客がおり、皆、

「え、入れないの?」
って顔して引き返して行った。


次に向かったのは、通天閣。
まさに大阪を代表する観光地だ。四天王寺からふらふらと歩いて数十分、テレビで見たことがある鉄塔が見えてきた。

「おお、テレビと同じだ」
最初の感想である。何ともしょうもない感想だが、それが最初の感想なのだから仕方がない。通天閣のふもとでとりあえず何か食べることにした。
選んだのは串カツ。大阪名物なのだが、この時間生ビールが180円だったので釣られて入ってしまった。
串カツはおいしかった。ビールも美味しかった。今日は暑かったし、朝から動いているのでビールが体に沁み込む。一通り堪能した後で、通天閣に登ってみることにした。

エレベーターに乗り、入口へ。もちろんここも周遊パスが使える。クーポンをちぎるのが面倒だが、それ以上に嬉しいクーポンである。
展望台へ向かうエレベーターに乗る。扉が閉まると暗くなり、天井に星空が出て綺麗だと思ったが、「ビリケン」なる通天閣の神様が現れて何だか微妙な雰囲気であった。大阪人ではないので、神様といわれてもいまいちピンと来ない。。

「意外に高いなあ」
通天閣に来た多くの人が言うセリフらしい。高さは100mあるので低い訳はない。また立地も大阪の中心にあるので、都会の森を上から見下ろせる為、景観も良い。日本人の他にもたくさんの外国人がおり、やはり大阪を代表する名所なのだと改めて思った。でもビリケンがたくさん居過ぎて、、、どうもこれには馴染めなかった。

通天閣を後にしてその付近にある新世界を歩く。
雰囲気はいい。一昔前の飲み屋街といった感じだ。細い路地にたくさんの飲み屋や飲食店が並んでいる。昭和を感じさせてくれる場所と言ってもいい。ふらっと一人で来ても、抵抗なく飲んで行ける飲み屋が多そうだ。いい場所である。


串カツ
串カツ
通天閣のビリケン
通天閣のビリケン
夜の通天閣
夜の通天閣

その後、いよいよ大阪の代名詞「道頓堀」へ。
既に日は落ち真っ暗なのだが、ここは昼のように明るかった。昔来たことはあったが、随分その時よりもきれいになった気がする。整備されたのだろうか。
土曜日の夜ということもあって、ネオン以上に人も多い。色んな国の言葉が聞こえてくるし、老若男女様々な人が歩いている。夜、これだけの活気を持っている場所は、日本中でも数えるほどしかないだろうと思う。

何故だろう。
ネオンか。人が人を呼ぶのか。いずれの理由もあるだろうが、ひとつに水があると思う。そう、道頓堀である。インドのバラナシとか、ネパールのポカラとか、人が居心地良く集まる場所っていつも水がある。道頓堀に来て思ったのが、ここに水があるってことだ。きっとこれもその理由のひとつであろうと思う。

とりあえずたこ焼きを食べる。
行列ができていて買って食べる。うん、うん、うん。うまいと思う。うまいと思うが、むちゃくちゃうまいとは思わない。たこ焼きだからどこで食べてもそんなに味に大差はないと思う。大阪だけが特別ではないと感じた。


道頓堀 お約束のグリコ 通天閣のたこ焼き
道頓堀は活気があっていい お約束の・・・ 通天閣で買ったたこ焼き


道頓堀を歩いていたら、川に浮かんでいる船に乗れるということが分かった。例の周遊パスで。
さっそく乗船。「とんぼりリバークルーズ」という20分ほど道頓堀を周遊するものである。こてこての大阪人ガイドが20分間喋り続ける。道頓堀に架かる9つの橋をくぐるというものだが、景観よりも水の上を走る心地良さ、そしてガイドの話の方が面白かった。


さて、時計を見るとすでに午後9時近い。最後の目的地に行くことになった。
地下鉄に揺られて目指したのは「空中庭園展望台」。173mの高さから大阪の絶景を眺められる大阪きっての展望台。
駅からビルまでは何だか人寂しい道だったが、中に入ると結構多くの人で賑わっていた。
展望台へ向かうエレベーターに乗る。

ぐんぐんスピードを上げて登ってゆく。正直高い所が苦手な自分には結構苦痛である。足がすくむ。。
最上階の展望台へ向かうには入場料を払わなければならないのだが、ここでも先程の周遊パスが使える。すごいぞ、周遊パス!
何故か空中を横切るように掛けられたエスカレーターを乗り継ぎ、ようやく最上階へ。


道頓堀クルーズ 空中庭園展望台 空中に架かるエスカレーター
道頓堀クルーズ! 空中庭園展望台(173m) 空中に架かるエスカレーター


「えっ?外?」

そうなのである。最上階は屋外になっている。これはすごい。。というより足が動かん。。
しばらくすると慣れてきてゆっくり景色を見られるようになったが、よくこんなもんを作ったのだと感心する。むちゃくちゃ高いし、むちゃくちゃ怖い。でも、景色は抜群。大阪の夜を独り占めって感じだ。

大阪の夜景
大阪の夜景

さて、大阪観光はここまで。
時刻はもう午後11時近い。正直くたくたである。たくぞー君達と別れて、ホテルへ。疲れていたのであっという間に眠りについてしまった。



翌日はまた二人と観光。今日は姫路城。
天候は、、、曇り。。昨日の大坂の快晴を取って置きたかった。。
今日は車で出発。姫路城は明日(4月12日)以降、天守閣の改修になるとのことで、今日はしっかり見られる最後の日なのだ。人は多いだろが、仕方ない。

高速を西に飛ばすこと2時間半、神戸の街に到着。
姫路城まではたくさん看板が出ているので分かりやすかった。車を駐車し、いざ観光。少し小雨が降っているが、物凄いたくさんの人が来ていた。城の堀の中に入るだけで行列。城内に至っては、「3時間待ち」とのことで諦めざるを得なかった。3時間も並んでいたら日が暮れてしまう。

という訳で外から姫路城を眺める。
個人的にはこれで大正解だったように思う。姫路城も一度来たことがあったので、それほど城内にはこだわっていない。また別名「白鷺城」の名を持つ城の姿は、やはり外から見た方がいい。圧倒的にいい。

二ノ丸から姫路城を眺める。

姫路城
姫路城


「素晴らしい・・・」

本当に見事なバランスで建てられている。タージマハルもすごいと思ったが、いやいや日本の建築物でも十分引けを取らない。見る者に安心感を与えるような佇まいだ。さすがは世界遺産。日本一の名城である。
安土桃山芸術の傑作というが、その美しさだけでなく、機能美も優れている。要塞としても一流なのだから言うことはないだろう。当時、ここに住んでいた人々はどれだけ誇らしかったことやら。戦争で焼けなくて、本当に良かったと思う。


さて、関西の旅もそろそろ終わり。
2泊3日で、3県。結構慌ただしいかったけど、内容は充実したものであった。
たくぞー君らを大坂で下し、自宅へ向かう。二人にはとても感謝。

来年も吉野の桜が見たいなあ、運転しながらふと思った。


大阪周遊パス 大阪の地下鉄やバスが一日乗り放題になる。その他、大阪市内の観光名所へもパスと付属のクーポンで入場可能に。とってもお得な観光用パス。サイトはこちら
姫路城 駐車場は3時間以内なら500円。入城料600円(大人)


Homeにもどる