TOP世界遺産世界の紙幣世界のゲストハウス旅の持ち物食べ物いろいろ旅の場所ベスト10コラム国紹介リンク


旅術 〜バーチャル旅日記〜


第一章:「出発までの日々」


晩春。新緑。都会のオフィス街。温かい風。とある会社の一室。お昼過ぎ。椅子に座る30過ぎの男。
そして、携帯の着信音。

「・・・もしもし」
「もしもし? あ、元気だった?」
「何のようだ」
「冷たいなあ。今暇?」
「食事中だ」
「ちょっとだけいいでしょ?」
「何だ」
「実は頼みごとがあるんだよ」
「頼みごと?」
「そう」
「断る」
「まあ、そういわずに聞いてよ。来月のゴールデンウィークはどうするの?」
「まだ決めていないが・・」
「旅に出ないか?」
「お前とか?」
「いいや。今ちょっと仕事が忙しくって旅に出られないんだ。そこで代わりに出て欲しいと思ってね。ほら、俺って今旅行関係のホームページ運営しているじゃん」
「ああ、あの三流サイトか」
「酷いなあ。。 まあ、その中で人の役に立つような旅行記を書こうと思ってね。でも、今忙しいから代わりに行って欲しいんだ」
「報酬は?」
「タダ」
「行き先は?」
「任せる」
「何をすればいいんだ?」
「そんな難しく考えなくてもいいよ。毎日適当に遊んで、メールでレポート送ってくれればいいよ。」
「レポート?」
「そういうこと。じゃあよろしくね」
「おい、ちょっと・・・」
電話の切れる音。

やれやれ。
電話をしてきた人間とは長い付き合いだったが、いつもこんな感じの奴である。
悪い奴ではないのだが、、そう思いながら、男は食べかけのカレーを口に運んだ。窓の外にはきれいな青空が広がっていた。


仕事が終わった20時半、男は会社近くの本屋にいた。
自分でも可笑しいのだが、既に手には幾つかのガイドブックが握られていた。

行き先とガイドブック
【行き先】
一人旅なら行き先を決めるのは簡単。興味のある国、行ってみたい遺跡、海山などなど。些細な思いが大切な決め手。日数と相談して行き先を決めよう。

【ガイドブック】
ガイドブックはたくさん種類がある。有名なのは「地球の歩き方」。多くの日本人が利用している。すべて日本語なので使いやすいし、読み物や文化紹介などなかなかお得な一冊。ただ、余りに有名なので持っているだけで日本人とばれてしまうのが難点。
D17 地球の歩き方 タイ D28 地球の歩き方 インド

「ロンリープラネット」。白人パッカー愛用の一冊。何よりも情報量を重視したガイドブック。写真などは極力押さえ、「歩き方」にはないマイナーな都市の情報を手に入れることが出来る。ただし分厚い。しかも英語。だが、比較的簡単な英文なので愛用している日本人パッカーも結構いる。最近は日本語版もでているようだ。
ガイドブックを持って行く行かないと分かれるところだが、ベテラン旅行者以外はやはり持っていた方がいい。時間的余裕がない場合もやはりあった方が心強い。ちなみに海外でも大きな都市で中古のガイドブック等は入手できる。



男は一冊の本を購入し、帰宅した。
男の選んだ国は「タビタビ王国」。歴史ある国で、古風な雰囲気が漂う街や遺跡が多い国である。食べ物がおいしいということも男の興味を引いた。
男は情報収集と共に、ルート選定に取り掛かることにした。

ルート選定と情報収集
【ルート選定】
基本的には行きたい街、場所を線で結べばルートは完成する。ただ現実的にはなかなか難しいので行く先を絞ったり、交通手段を変更したりする必要がある。
また、交通機関の悪い国では日程はゆったりと取る事も大切である。旅の途中で思わぬアクシデントに遭う事もあるので、タイトな日程は避けよう。急ぎ旅ではその分体調も崩しやすくなる。

【情報収集】
事前の情報収集も大切である。手段としてはガイドブック、インターネット、他人の旅行記などである。
ガイドブックはお金を払うだけあり様々な情報が載っている。旅に持って行く事もできる大切な情報源。インターネットも大切だ。検索エンジンで直接調べるのもいいし、旅行記を読んだりしてイメージしたりするのもいい。特に宿情報やレストラン情報はガイドブックのみではなく、実際に利用した人の感想などを読んでおくと役立つ。最新の情報が手に入るのも魅力的だ。
また、意外と見逃されやすいのが「外務省海外安全情報」。国が出している情報なので、それなりに信用できる。安全な国に行く場合でも、一度目を通しておいた方がいい。
旅行関係のサイトでは、掲示板などで質問を受け付けてくれたりするので、どうしても知っておきたいことがあれば質問するのもいい。おすすめは「旅行人」。現地情報のコーナーではかなりマニアックな質問でも答えてくれる。
事前に時間がない場合やどうしても不安な場合は、日本から行きたい場所のツアーを予約しておくのもひとつの手。リーマンパッカーなどは時間があまりないので、有意義に過ごすにはこういうものありかもしれない。(各国のオプショナルツアーの予約サイト⇒)

事前の情報収集をするかどうかはその人次第であるが、時間に余裕のない人にはやはり必要だろうと思う。ちなみに情報は現地に行けば何とかなるもので、分からなくともそれほど心配は要らない場合が多い。

事前の情報収集と並んでしておきたのが、事前勉強だ。勉強と言っても難しく考えずに、訪問国の文化や歴史を簡単に読んでおく程度でも十分だ。映画や小説などの娯楽でももちろんいいし、詳しい人に話を聞くのもいいだろう。特に宗教国家に行く場合は、その国の作法は知っておきたい。無知な為に現地でトラブルに巻き込まれる事もあるので、時間があればしっかり勉強しておこう。



面倒な事なのだが、タビタビ王国に行くにはビザが必要である。幸い男の会社の近くに大使館があったので、会社の昼休みなどを使って申請する事ができた。パスポートもまだ3年以上の有効期限がある。入国には問題ない。

パスポートとビザ
【パスポート】
パスポートは海外旅行には必須である。各都道府県で申請できるので、持っていない人は申請しよう。詳しい申請方法はここでは省くが、注意したいのが5年用か10年用である。20歳以上ならば10年用パスポートが申請できる。基本的には10年用で問題ないが、長期の旅に出る予定があったり、仕事などで海外に何度も行く機会がある人は5年用でもいい。パスポートのページは意外に早く埋まってしまうものだ。一度だけ増刷(40ページほど)できるので、普通に使用していれば10年用で十分と思う。

【ビザ】
続いてビザ。ビザとは簡単に言えばその国に入るための許可証みたいなものと考えていい。だから、その国では申請ができず、各国にある大使館などで申請する。有料だったり無料だったりと様々だ。幸い日本人には多くの国でビザが免除されている。有難いことである。それでもビザが必要な国もたくさんあるので、事前に取得しておこう。早いところで午前中申請で午後受け取り、通常で3日間程度で取れるところが多い。しかし中には数週間かかったり、日本大使館からのレターが必要な場合もあるので注意しよう。



「ふう、なんだか説明ばかりになって来てつまらないな・・」

男は1人そう呟きながら旅行代理店のドアをくぐった。
「いらっしゃいませ・・」
顔立ちはいいのだが、何とも暗い感じの女性店員が対応に出た。ちなみにいつもこの女性から航空券を買っているので、すでに顔見知りである。男は軽く挨拶をすると、航空券について尋ねた。
「GWのタビタビ王国までのチケット、まだ間に合うか?」
「タビタビ王国?首都のボッタレーでいいですか?」
「ああ」
「少々お待ちください・・」

女性社員は慣れた手つきでカウンターに置かれたキーボードを叩くと、画面を見ながら男に言った。
「経由と直行、希望はありますか?」
「時間と、料金、航空会社をそれぞれ教えてくれ」

女性は机に置かれたメモ用紙に幾つかの航空会社と時間帯、そして金額を書き、男に見せた。
「高いな・・」
「GWですからね」
「一番安いのはこの経由便か?」
「はい」
「到着が、、」
「現地時間で、、14時ですね」

男はこの店員の早い対応にいつも満足していた。少々暗いが、客の質問に的確に答えてくれる安心感があった。
男はその場で航空券を購入する事にした。

「保険はどうしますか」
「ばら掛けで頼む」
女性店員同様、男も慣れた手つきで保険の書類に記入を始めた。

「こちらが航空券です。出発が朝の9時、途中マンナカーという都市でトランジットをして、現地時間の14時にタビタビ王国の首都ボッタレーに着きます。出発はフライトの2時間前、朝の5時ぐらいまでには空港に着いていて下さい。あと、こちらはリコンファームが必要ですので、現地到着後出発の72時間前までにこちらの電話番号に電話をして下さい」
女性社員はそう言って小さな紙を渡してきた。
「それからタビタビ王国はビザが必要なので注意してください」
「ありがとう」

顔立ちはいいのにもったいないな・・・ そう思いながら、男は軽く礼を言うとその場を立ち去った。

航空券と海外旅行保険
【航空券】
航空券の価格をどれだけ抑えられるかで、全体の旅費が随分変わってくる。ネットでも安く買えるが、やはり窓口でちゃんとした説明を聞きながら購入するのが一番安心できる。特にトランジット(乗り継ぎ)がある場合、その時間帯などはしっかり確認したい。中にはトランジット先で一泊する場合もあるので、その場合のホテルの手配などどうするのかなど注意したい。慣れてきたらネット購入でもいいだろう。
管理人も何度か利用してます。大手という安心感があり、
手続きもスムーズ。ホテルの予約も一緒にやってます。
店舗を持たないのでその分格安に提供。
安いだけでなくしっかりしています。


【リコンファーム】
リコンファームは日本語では「予約の再確認」。利用者にとってはまったくとって不便なシステムである。航空会社の都合で作られたよなものであるが、No Show(連絡せずにキャンセルすること)する利用者が多いのも現実だ。基本は帰国便の72時間前までに航空会社に電話すればいいが、不安ならばオフィスに直接行ってもいい。簡単な英語で通じる。
名前、日付、利用便、時間、出発地点と目的地等を伝えれば、ほとんど終わってしまう。「リコンファーム、プリーズ」で始めよう。

【海外旅行保険】
海外旅行保険は旅行者の任意である。
もちろん旅先で病気や怪我、盗難などに遭わなければまったくの掛け捨てである。しかし、海外の病院は得てして高額で、入院などしたらそれこそ一桁違う額の治療費が請求される。バンコクの旅行会社に勤務中、何度も入院する人を見てきて思うのが、「やはり保険は入ったほうがいい」、である。セットで掛けるものや、必要なものだけ選ぶばら掛けなど様々あるのでゆっくり考えよう。
入院する人が皆思うのが「まさか自分が・・」、である。

今はネットでも気軽に掛けられるようになりました。便利になったもんです。




出発まで1週間を切った。
忙しい仕事の最中でも、男は時々見知らぬ異国の地に思いを馳せたりした。GWの一週間前になると、会社の中でもそわそわとした雰囲気が漂う。既に連休明けの仕事の確認をしている奴さえいる。

「連休中はどっか行くの?」
総務部のメガネを掛けた女性社員が尋ねてきた。彼女は男とは同期で入社時から仲良くしている。色白ですらりとした彼女だが、牛乳瓶のようなメガネのせいか未だ独身である。

「ああ、タビタビ王国に行って来るよ」
「タビタビ王国? ああ、いいとこね」
「ひさしぶりの旅だ」
「1人で行くの?」
「ああ」
「何かお土産買ってきてね」
「何がいい?」
「いい男」

相変わらずだ、男は思った。しかしギャグが少し老けてきている。俺もそうなのかな、、男は少し不安に思った。

男は時間を見つけては荷造りやら、そして銀行などにドルの両替に行ったりした。

荷造りと両替
【荷造り】
荷造りで一番大切なのが、やはりカバンである。バックパッカーというぐらいだから背中に背負うタイプが一般的だが、それぞれ自分の好きなカバンを持ってゆけばいい。ただ、バックパックは両手が使えるのが最大の利点。やはり利用者が一番多い。
カバンはどこでも手に入る。おすすめは登山用品を扱っているような専門店がいい。登山用はやはり疲れにくい。多少値が張るものでも、背負い心地が良いものなら決めてしまってもいい。安物でもいいが、やはり長時間背負っていると疲れが酷くなる。盗難が心配だが、長く使える物を揃えたい。
尚その他の荷物については、「旅の持ち物」のページで紹介しているのでそちらも参考に。

【両替@】
両替は基本的に到着後の空港で行う。しかし、深夜の到着や現地通貨が切れてしまった場合に備えて、米ドルを少し持っていたい。何はともあれ基軸通貨。米ドルの威力はさすがである。用意したいのはキャッシュの米ドルを細かいものを含めて少々、そしてT/C。トラベラーチェックの略である。これは事前に銀行などで購入し、現地で再度現地通貨に両替するものである。例えば、日本でT/Cを購入して、旅先でそのT/Cを現地通貨に両替するのである。手数料は2度取られるが、利点は他人が利用できない点である。使い方は、まず銀行での購入時にすべてのT/Cにサインをする。そして、現地の銀行や両替所で、同じサインをT/Cにする。パスポートを提示。この為、まず他人は利用できない。盗難に遭っても再発行ができるのも便利。キャッシュと合わせてT/Cも用意しておくと安心である。
ちなみに日本国内では、米ドルやユーロなどは両替手数料は現地よりもいいらしい。



「もしもし?」
「誰だ」
「誰だ?はないだろう。名前は携帯の画面に表示されているはずだろ」
「ふっ」
「ふっ、じゃないよ。で、どこに行くのか決まったのかい?」
「ああ」
「どこ?」
「キテレツ王国」
「ふざけるな」
「・・・タビタビ王国」
「なるほどねえ。ビザは取ったの?」
「ああ」
「その他の準備は?」
「終わっている」
「本当かい?」
「嘘は言わない」
「・・・カード類の説明、事前勉強、予防注射」
「うっ」
「じゃあよろしくね。また電話する」

電話の切れる音。
・・うっとうしい奴だ。男は1人小言を言いながら仕方なくパソコンの電源を入れた。

その他(カードなど)
【クレジットカード】
大きな都市などではほとんどよく使える。海外で強いのはビザとマスター。さすがにすべての店で使える訳ではないが、キャッシング機能がついているので、いざという時に便利。ただ盗難に遭うと間違いなく不正利用されるので要注意。
また、それなりのホテルに泊まる際は、デポジット(預かり金)としてクレジットカードが必要になる場合がある。デポジットの説明は後でするとして、クレジットカードがない場合は多額の現金を預け金として渡さなければならない。一流ホテルならば不正利用などがあっても帰国後してもらえる事が多い。
尚、クレジットカードは無職では作るのはかなり難しいので、就職しているうちに一枚作っておこう。学生は家族カードを。


飛行機を良く使う人はこういうカードがやはりいい。マイルを貯めて貰える無料航空券は魅力的。


【国際キャッシュカード】
日本のキャッシュカードと同じ感覚で利用できる。大手銀行ならほとんど発行されているので一度聞いて見てもいい。利点は両替作業が不要になる、休日でも利用できる、大金を持ち歩かなくてもいい、などである。不便な点として、レートが悪かったり、カードの吸い込みやスキミング被害がある。ただ慣れてしまえばとても便利なので、長期旅行などには一枚あってもいい。
ちなみに国際キャッシュカードには、マスターカード系のシーラスと、VISA系のプラスの2つがあるが、残念ながらどちらかしか選べない。

【国際学生証】
学生なら持って行こう。ヨーロッパや中東などで結構活躍する。もちろん学生割引だ。大学生協やユースホステル協会の窓口で受付をしてくれる。中学生以上、大学院生までなら誰でも取得できる。ちなみにバンコクのカオサンでは、偽国際学生証を作ってくれる。かなりいいできなので、一見しただけでは分からない。もちろん違法なのでご注意を。

【予防注射】
「いるかいらないかどちら?」、と聞かれれば間違いなく「いる」だろう。だけど、なかなか事前に行われていないのがこれ。
自分自身の感染症を防ぐと同時に、他人に広めないという意味も大きい。中には事前の予防注射(黄熱ワクチン)が必要な国(アフリカの一部)などもある。予防接種には余裕を持って接種したい(3ヶ月程度)。
『海外でかかりやすい病気』
破傷風・・・土壌にある破傷風菌が原因で傷口から体内に入る。死亡率高し。
A型肝炎・・・食べ物からかかる感染症。死亡率は低いが、倦怠感が酷く、入院が必要な場合も多い。
狂犬病・・・発症すれば致死率100%と言う恐ろしい病気。犬に噛まれる等が原因だが、こうもりやきつねなどからも感染する。
黄熱・・・蚊を媒体とする感染症。致死率は低いが、流行時などはあがる。アフリカなどに多い。

気をつけていてもかかってしまうのが病気。
できれば日頃から無理な行程で旅をしたり、暴飲暴食をしないように気をつけたい。体力低下からかかることも多い。
そして、もしもの場合の為に、海外旅行保険にも加入しておきたい。



「ええい、長い、長すぎるぞ」
「どうしたの?」
「いや、何でもない・・」

男は旅に出る最後の日曜日、恋人と食事を楽しんでいた。
こじんまりとしていてやや照明が暗い、落ち着いた雰囲気の飲み屋である。日曜の夜という事もあり、静かながら多くの人で賑わっていた。

「どうだい、仕事はもう慣れたか?」
「ええ、まあね」

付き合って5年になる彼女は、最近転職したばかりだった。
少し短めに切り揃えた横髪を触りながら、彼女が続ける。

「GW、気をつけてね」
「すまない」
「いいよ、別に。どうせ仕事で休みなんて取れないしね」
「ああ」
「本当に気をつけてね。タビタビ王国だっけ?この間バクダンテロがあったでしょ?」
「ば、爆弾テロ?」
「え、知らないの?数名死んだらしいよ」
「本当か?どこで?」
「確か、首都のボッタレーだと思う」

男はしばらくの間絶句した。


安全について
日本を含めて100%安全な場所はない。ただ、海外に出るとそれだけ危険度は増す。どれだけ安全だと言われている場所でも、いつ何が起こるかわからない。海外に出たら「自分の身は自分で守る事」が大前提である。誰も助けてくれない。常にある程度の緊張感と注意は必要だ。
しかし、そんな危険からも幾つかの知識予防線と張ることで、ある程度は回避できる。旅慣れてくると、危険な場所というのは雰囲気で感じ取れるようになる。そして、多少のアクシデント程度はハプニングとして楽しめるようになれば、さらに旅が好きになるだろう。



いよいよ出発の日がやってきた。
男は愛用のバックパックを担ぐと、空港行きの列車に乗り込んだ。この足にかかるバックパックの重感が好きだった。

空港には出発の2時間前には到着していたが、さすがGWということもあり大勢の人で混雑している。
案の定、チェックインカウンターにも長い行列が出来ていた。男は行列の一番後ろに並ぶと、バックパックを床に置きまだ仕事の疲れが取れぬ体を少しほぐした。

「窓側の席をお願いします」
パスポートと航空券を提出した後、カウンターの女性から尋ねられた質問にそう答えた。
男は返却されたパスポートと航空券、ボーディングパスをカバンにしまうと、出国カウンターに足を運んだ。

男の瞳には、美しく青く澄んだ空が映っていた。
これから訪れる異国の地、たくさんの食べ物、そしてまだ見知らぬそしてこれから会うだろうたくさんの旅の友。
出発の空港とは多少の不安と、少しばかりの期待、そしてまだ知らぬ様々な感情が交差する。
それでいて妙に落ち着いている自分に気付いたりするので、なんだか可笑しくなる。

男は恋人に簡単なメールを送ると携帯の電源を切った。
飛行機の入口では笑顔のとても美しいスチュワーデスが迎えてくれた。


第二章:「いざ旅の世界へ 〜到着、宿探し〜」へ

バーチャル旅日記トップへ

Homeにもどる