TOP世界遺産世界の紙幣世界のゲストハウス旅の持ち物食べ物いろいろ旅の場所ベスト10コラム写真館リンク


旅術 〜バーチャル旅日記〜


第二章:「いざ旅の世界へ 〜到着、宿探し〜」


騒音と共に男は空港に降り立った。
「暑いな」、男の第一印象である。
タビタビ王国は熱帯気候に属している為、北部の山間部を除き一年中半袖で過ごせる。
暖かいというだけで、すでに旅しやすい国であった。

入国手続きを済ませると、男は両替を行う事にした。
同じようなブースがたくさん並んでいる。よく見ると奥に各国の両替レートが書かれている。中にいる人間がこっちで両替しろと手を招いているのが見える。
何件か回ったが、どこも同じようなレートだったので一番空いているところで3万円両替した。

到着ロビーに出ると、信じられないぐらいの大勢の人で溢れていた。
男女とも南国特有の浅黒い顔立ちが目立つ。空調はかなり効いているが、独特の雰囲気の為か男は体が火照るのを感じた。有名旅行代理店のシャツを着たガイドらしき人物や、白人パッカーに交ざり、日本のガイドブックを開けながらツアーカウンターで何かを尋ねている日本人旅行者もいる。

男はまずリコンファームをする為に航空会社のオフィスに向かった。
オフィスでは身なりは綺麗にしているが、まったくやる気のない女性社員が対応した。
こちらも必要最低限の言葉しか発しなかったのだが、結局やる気のない女性社員とは最低限の会話だけで手続きを終えた。

再び到着ロビーに戻ってきた男に多くの現地人が話しかけてきた。

「タクシー?」
「タクシー、サァー?」
「ホテルは決まってるのか?」
「シャチョウ、タクシー!」
「タビタビ人、ウソ、ツカナイ」

まったくもって魑魅魍魎である。中にはきちっとした身なりの人間もいるが、大半がこれ以上なく怪しい。
男は軽くあしらって外に出ると、エアポートバスと書かれたプレートの下で市内までのチケットを購入した。
30分程待つと、お世辞にもきれいとは言えないバスがやって来た。


両替、リコンファーム、市内までの移動
【両替A】
到着してまず行う事がこれ。現地通貨を手に入れる事である。恐らくどこの空港でも両替所はあると思うが、深夜の到着などでは閉まっている可能性もあるので、小額の米ドル紙幣も持っておきたい。心配ならばレートはかなり悪いが、日本で先に両替しておく方法もある。(米ドルやユーロなどは日本国内のほうがいい場合もある。)
通常空港でのレートはそれほど悪くはない。市内に行けばもっといい場所があるかもしれないが、少なくともホテルなどよりはレートはいいはず。数日分の滞在費を両替しておきたい。
そして一番の注意することが、金額の確認とレシートを受け取る事である。
中には確認しても手品のようにお札を抜いてしまう奴や、レシートがない事に出鱈目な金額を渡す奴もいる。しっかり確認しよう。

【リコンファーム】
基本は出発の72時間前まで。だがこれを過ぎても席が空いていれば行う事はできる。リコンファームが必要な場合は、必ずしておこう。到着時に空港で行うのは、航空会社のオフィスも歩いて行ける距離なのでなかなか便利。もちろん旅の途中に行ってもOK。
市内に行くと、現地の旅行代理店が手数料を取って行ってくれるところもあるが、基本的に予約が入っていなくても責任は取ってくれないのでそのつもりで。海外にある日系の旅行代理店がリコンファーム代行きをやりたがらない理由はこれである。航空会社にきちんと連絡をしても、予約が入っていない事があるかもしれないからだ。責任問題になってしまう。

【市内までの移動】
最初で最大の難関の1つ。
とにかく不慣れな旅行者や、初めての旅行者を狙った犯罪が起こりやすい。空港内で向こうから話しかけて来る場合は、まず疑うべし。空港内の信用できるエアポートタクシーや、エアポートバスがあればそれを使うのがベター。安いからといって、下手に現地の乗り合いバスなどを利用すると、何か起きた場合に対処が難しい。多少高くついても、安全と嫌な思いを避けられるのならそれなりのお金は出そう。
そして最悪なのが深夜到着。
市内への移動が困難で有名なデリー(インド)は、日本からだとどうしても深夜到着になってしまう。迎えがあるのならばいいが、最悪空港内で夜を明かし、明るくなってから行動するのも手だ。ただし、空港内でも危険だし、それに空調で冷える場合があるので寝袋や長袖などを用意したい。



1時間ほど走ると、それまでの何の特徴もない幹線道路から少しずつだが建物が増えてきた。やがて市内に入るのが分かる。隣で眠っていた白人パッカーも起き出してきた。
「そろそろかな」
男はカバンの上部に入れてあったガイドブックを開けると地図を眺めた。

しばらくしてエアポートバスは、人通りの多い雑然とした一角に止まった。一番前で立っていたもぎりが小声で何かを喋りだすと、前の方に座っていた乗客がバスから降り始める。どうやらここが旧市街地らしい。

首都ボッタレーはかなり大きな街だが、商業地、住宅地、そして観光地が何の規律もなく交ざっている。あまり都市計画が上手く行っていない証拠だが、それが却ってこの街の猥雑さを出していた。そしてここ旧市街地には、バックパッカー用の旅行代理店やゲストハウスがたくさん集まっていた。

男はバスを降りると周りを見渡した。
「旧市街地には間違いなさそうだな」
雑然と曲がりくねった道沿いに、たくさんの商店や小さな食堂が並んでいる。古ぼけた自転車に交ざり、小型のバイクが勢いよく走っている。何もせずに道沿いに座っている人、何かを食べている人、そして寝ている人。日本からたった数時間でそこには確実に男の知らない非日常が広がっていた。

男は改めて周りを眺めた。
古いが結構大きなホテルが目に入った。「ホテル・・・ 『エクスペンシブ』・・・・ ああ、今ここか」
男はホテルの位置と地図を見て、現在位置を確かめた。予め予定していた安宿が近い。しかしすぐ道の反対側にある古びたゲストハウスが気になっていたので、まず行ってみる事にした。男はバックパックを背負い歩き始めた。

ゲストハウスに入ると幾つかの椅子の先にあるカウンターに、初老の男が新聞を読んでいるのが目に入った。壁の至るところにボッタレーの観光地の写真が張ってあり、その横に値段も書かれている。旅行代理店も兼ねているようだ。
「今夜の部屋は空いているか」男は尋ねた。
「シングルか、それともドミトリーか」
男は少し悩んでから「シングル」と答えた。
初老の男は乱雑に壁に掛けてあるルームキーを手にすると、ついて来いと言う。
「値段はいくらだ」男は初老の男を制止するように尋ねた。
「シングル1泊250ボリーだ」
「ホットシャワーはあるのか。エアコンは?」
「ホットシャワーはある。だが、エアコンはない。ファンだ」
「エアコンの部屋はないのか」
「ある。1泊500ボリーだ。どうする?」
男は少し考えてから、ファンを見せて欲しいと頼んだ。初老の男は奥に向かって何かを叫ぶと、14,5歳だろうか、お下げの少女が男の前に現れた。この少女が部屋を案内してくれるようだ。
薄暗く細い階段を3階まで上がってゆくと、少女はある部屋の扉を鍵で開けた。お世辞にも清潔な部屋とは言えない。男はしばらく部屋を見て回った後、入口で立っている少女に尋ねた。
「エアコンルームはこの上か?」
少女は片言の英語で答えた。
「上だけど、見るの?」
「ああ出来れば頼む」男は答えた。

1階にあるレセプションに戻ると先ほどの初老の男が尋ねてきた。
「どうだ部屋は?気に入ったか?」
男は答える。「ああ、なかなかの部屋だ。だが他の宿も見てみるよ」
「そうか、分かった」
男は簡単に礼を言うとゲストハウスを出た。

腕時計を見るとすでに16時を過ぎていた。まだ日はあるが、それほど時間はない。男は近くにあった宿を2,3軒見た後、予定していた宿に辿り着いた。
「こんにちは」
レセプションには笑顔の魅力的な30過ぎの女性が立っていた。
「今夜の部屋は空いているか」
「シングルでいいですか」
「ああ、1泊いくらだ」
「1泊300ボリーです。何泊しますか?」
「分からない。先に部屋を見せてくれないか」
「OK、ついて来て」
30過ぎの女性は慣れた手つきで男を部屋へ案内した。通された部屋は日当たりがよい明るい部屋だった。エアコンはないが、天井に大きなファンが付いている。清潔だし、一応合格ラインだ。
にっこり笑いながら30過ぎの女性が続ける。
「今日、ここが最後の部屋よ」
直感的に嘘だと思ったが、総合的に考えて一番ベストな宿だと感じたので決めることにした。
「OK,2泊したいのだが・・」
「わかったわ、じゃあパスポート見せてくれる?」
男は(貴重品入れの)腰巻にあるパスポートを取り出した。


到着、宿探し
【到着】
多くの空港が市内から30分から1時間程度の郊外にある。この時間を休息に充ててもいいし今後の計画に充ててもいいが、恐らく窓の外に広がる見知らぬ世界に目を奪われる事になるだろう。
到着が近づいてきたら出来るだけ周りの景色をよく見て、ランドマークになりそうな建物などを探した方がいい。ホテルでもいいし、博物館などでも何でもいい。バスにいるうちから現在地の確認が出来るとベストだ。バスの中ではある程度地図を広げて見てもいい。
そしてバスを降りても、やはり現在地の確認をする。すでに把握できていればいいが、出来ていない場合は現在地が分かるような場所が見つかるまで歩く事になる。前途のような建物でもいいし、河川や鉄道、道路などでもいい。この時注意したいのが、地図である。
バスの中では問題ないが、外の降りた時点で旅行者を狙った輩が集まってくる。物陰に隠れて地図を開けるか、それもと先にコピーなどして目立たないようにしておくのいい。夜間は特に注意しよう。
ちなみにバスを降りるとたくさんの客引き(タクシー等)が集まってくるが、これは最終手段とした方がいい。空港同様危険比率が高い。

【宿探し】
その街を好きになるかどうかの三大要素に、「宿、人、食べ物」がある。宿探しはそれほど重要なポイントである。予め予約をしている場合を除き、時間がある限りできるだけ多くの宿を見て回ろう。通常4〜5軒、少なくとも2〜3軒は見たい。その街の宿の相場とレベルがそれで大体分かる。見るポイントとしては、、

・第一印象 ・・・結構大事
・日当たりの良さ ・・・暗い部屋では気も萎える。
・清潔さ・・・汚いゲストハウスって結構ある。
・水まわり ・・・トイレやホットシャワーなど。ホットシャワーでも時間制限などがある場合があるので注意。
・施錠 ・・・しっかり鍵が掛かるか
・窓からの眺め ・・・気持ちよく過ごせるかどうか重要

そして料金。多少条件が悪くても立地が良かったり、無料インターネットや美味しいレストランが併設されているなども重要。旅行者が多く集まる宿では、旅の情報や新しい出会いもあるかもしれない。

もし到着日が深夜だったり宿探しの時間があまりないという場合には、日本から予約しておく事も重要。特にリーマンパッカーなどは時間が勿体ないという場合も多いので、これもありだと思う。便利な予約サイトはたくさんある。

次に宿用語を簡単に説明する。
シングル 一人用の部屋。
ダブル・ツイン 二人用の部屋。ベッドの数はその都度確認を。
ファン(ルーム) 扇風機付きの部屋 (⇔エアコンルーム)
ドミトリー 相部屋(かな?)、他人とシェアして泊まる部屋。 2〜3人用の部屋から数十名が泊まれる大きな部屋もある。男女別の場所もあるが、基本的に安く、まったく見知らぬ人がいきなりやって来るのが特徴。情報交換や、知り合いが出来たりするのが利点。トイレ、シャワーなどは共同がほとんど。
デポジット 預かり金。宿泊する際に払うお金。チェックアウト時に返却される。ただ、室内にある備品などを壊したりするとここから差し引かれる。安宿では現金が普通だが、高級ホテルになるとクレジットカードの提示を求められる。預かり金なので何もしなければ引かれる事はないが、やはり少し不安である。ちなみに多くのホテルでは滞在中に利用した施設の料金をここから支払う事も可能。

最後にチェックアウトの時間だが、日本では午前10時としている所が多いが、場所によっては午後12時という場所も多い。必ず確認しよう。また、チェックアウト後はほとんどの宿で荷物を預かってくれるので、重い荷物がある場合は利用するのもいいだろう。ただし、貴重品は入れないように。



「いい加減腹が減ったので長い説明はもういいだろ!」
宿の説明をしていた30過ぎの女性は驚いた顔をして男を見つめた。
「すまない。こちらの話だ」
幸い日本語で話した為彼女には理解できなかったようだ。
すでに18時を過ぎており、外は薄暗くなってきている。男は食事をする為に外に出た。


第三章:「食事と楽しい観光」へ

バーチャル旅日記トップへ

Homeにもどる